東京都墨田区の税理士事務所 プライバシーマーク取得

東京都出身 下町生まれの下町育ち

お祭り大好きの人間です。20代には、浅草の三社祭りなどで神輿を担いで町内を練り歩いていました。

明治大学文学部英米文学科卒業

小4から英語をはじめ、英語に関わっていきたいという思いから、英米文学科に進学。1、2年を明大前。3、4を駿河台のキャンパスで過ごしました。
しかし、念願の英米文学科卒業ということもあり、なんとしても英語を活用できる仕事をやりたいと思っていました。

東芝系外資系商社に入社

はじめの1年くらいは、輸出営業に所属。そこで、輸出入事務を行っていました。 外資系というと成果主義の会社というイメージがありますが、東芝からの転籍者が多く日本系の雰囲気がある会社です。そこで、いろいろと仕事を教えてもらい社会人としてのスタートを切りました。

その後、経理事務に異動。そこでは、5〜6年在籍しました。
仕事内容は、親会社への月次レポート提出、伝票処理。そのほかにも、海外支店の資産表作成、送金処理、売掛金管理などです。

このときに、資格の必要性を感じ、仕事をしながら虎ノ門アカウンティングスクールに通い、勉強しました。日商簿記3級から順番に取得。最終的には1級まで取得しました。

そのときは、経理は苦手でしたが『やるなら極めよう。』
そう思い真剣に勉強をし始めたのです。

当時は、公認会計士、税理士のどちらを取得するか迷いました。
はじめは、公認会計士も考えていたのですが、自分の会社にもよく出入りをしていてた公認会計士といえば『人のあら捜し』をしていたことくらい。それが仕事ということは分かるのですが、私としては嫌な印象がありました。

そのときに、「税理士は人の味方」というようなフレーズを聞くことなり、それならば『経営者の役に立ちたい』と思い、税理士を志しました。

平成2年税理士試験合格

勉強を始めて3年で税理士の資格を取得。3年間での取得と言うのは、業界では最短クラスです。 試験は選択性であり、一番ニーズの多いもの、そして難しいものを選択しました。
簿記論、財務諸表論、法人税法、所得税法、相続税法(選択) に合格をしたからこそ、今は幅広い業務ができるのです。

都内の3箇所の会計事務所で15年間実務経験をつむ

その後、実績を積むために都内の会計事務所で15年間修行をしました。
当時の業務内容は、法人顧問(税務相談、決算、申告業務、記帳指導、パソコン会計指導など)、相続対策、相続税申告業務、事業継承などです。
これらの実務経験を15年もつむこととなります。

それぞれの会計事務所の特色も異なるため、クライアントは、一部上場企業、二部上場企業、ITベンチャー企業をはじめとして、中小企業、個人事業主など多岐にわたりました。そのため、今ではこれから起業する人〜上場企業まで幅広く対応できるのです。

また、ちょっと変わった仕事としては、総合不動産業、IT企業の上場支援業務(IPO)を経験しています。

平成15年 駿河台の現在の事務所にて、山守寛子税理士事務所開設

昔からなじみのある土地だったこと、そして合同事務所の方が多岐に渡る業務が出来ることから、駿河台法律会計事務所パートナーに就任。私自身も起業家としてスタートを切りました。

平成20年 中央区日本橋に山守寛子税理士事務所を移転

都内でもより交通の便が良い中央区日本橋に事務所を移転しました。現在の事務所には、弁護士、司法書士、会計士、税理士がいるため、クライアントからの多岐にわたる相談にもスムーズに回答することができます。

税理士業務をやっている人は多いのですが、女性で開業している人は少なく、経営者の母としてお問い合わせをいただくことも増えています。女性らしく、他の税理士にはない、親身なサポート、真心のこもったサポートをしていきたいと思っています。

 

お問合せ

無料レポート

 


東京都墨田区の税理士事務所