東京都墨田区の税理士事務所 プライバシーマーク取得

実績60社、100%取得できるから安心

山守寛子税理士事務所が提供する、「プライバシーマーク取得サービス」をご覧いただきまして、誠にありがとうございますございます。 所長の山守寛子です。

このページをご覧いただいただいている方は、プライバシーマークの意味や取得・更新メリットなどはすでにご存知だと思います。そのため、プライバシーマークのご説明は省かせていただきます。もしご存じないと言う方は、JIPDECのホームページにてご確認ください。

■Pマークの取得が必要な時代背景

・経済産業省の調査によると、自分が個人情報を預ける際に何を基準にして預け先を選ぶかという問いに対し、「Pマーク取得」を挙げた人が68%と一番多いという調査結果が出ています。
・ 国内で個人情報保護の意識が高まっていること
・ 個人情報漏えい事故などによる億単位の多額の損害賠償請求と顧客の流出を防ぐ仕組みづくりができること
・ 時代が企業にコンプライアンス導入と内部統制を求めていること

■Pマーク取得のメリット

・お客様(営業先)へのアピール効果・信頼向上
・社員の意識改革・内部統制の充実
・個人情報保護法への対応管理基盤の強化
・Pマーク取得を要求する企業等との取引を維持、改善、拡大できる
・新たなビジネスチャンスが生まれる
・顧客第一主義やCS(=顧客満足)を考える社風を強化できる

などのメリットが存在します。

私は、税理士と言う立場でプライバシーマークの取得を支援しています。
いろいろなコンサルタントのホームページを見てきましたが、プライバシーマークを利用して多額のお金儲けをしようとしている会社が多いことに驚いています。

まず、はじめにお伝えしたいのが、プライバシーマークはきちんとやれば100%取得することができるのです。あなたは、何のためにプライバシーマークを取得しようとしているのでしょうか?

・プライバシーマーク取得が取引の条件になっているため
・プライバシーマークを取得したほうが、仕事を進めやすいから
・行政の仕事なので、取得しないと土俵に上がれない

などが主なものでしょう。

一部の大企業のように、プライバシーマークを取得して、それと同時に日本でトップクラスの体制を整えたい。という場合には、私に依頼するのは適当ではないと思います。

私に依頼をしたら一番メリットのあるケースは、まず「Pマークを取得したい」。そしてその際、新たな設備を導入するコストを限りなくゼロにしたい。そういう場合は、私が適任だと言えるでしょう。

今まで、プライバシーマーク取得のアドバイスを80社以上に行ってきましたが、全ての企業で取得までたどり着いています。成功率は、当然100%です。

かかわったクライアントの規模は実質社長1人の会社から従業員数6,500人の会社まで。 業種は、情報処理、印刷、運輸、梱包、人材サービス、広告業、イベント開催、ファンクラブ運営、ビルメンテナンス、測量、幼稚園、保育園、ブランディング企画、物販など、多岐にわたります。

もちろん、このマークはとるだけではいけません。きちんと、JIPDECが認める最低限の条件をきちんとクリアしています。そのため、世間には『プライバシーマークをきちんと取りました!』と胸を張ってもいいのです。

ここで、プライバシーマークコンサルタントの実態をお話しておきましょう。

あなたは、私のほかにもプライバシーマークのコンサルタントに相談をする機会があるでしょう。その時に言われる言葉が、

「プライバシーマークを取るのは大変です。並大抵の努力じゃダメですよ」
「今のままじゃ取れません!もっと体制を見直しましょう。そのためには、SSL、生体認証、サーバールーム、ファイヤーウォールなどを導入して・・・しめて600万円かかります」

という言葉です。

多くのケースが、プライバシーマーク取得のために、数百万円の投資を求められますが、実は裏ではそれらのシステムを導入する際に、関係会社から多額のバックマージンをもらったり、販売手数料を受け取っているのです。

このようなクライアント様の無知に付け込む商法が、まだまだ横行しているのが、現状なのです。

私の場合は、プライバシーマークを取得していただき、最低限の社内体制を整えていただくことが目的ですから、新たに設備に投資していただくのは、ほぼ0円です。(今までで最大で10万円でした)
実際は、このくらいで十分なのです。

私は無駄な提案は行いません。
他の一般的なPマークコンサルタントのように、200万円前後の高額な報酬を請求することもございません。 必要最低限のアドバイスで、100%の取得成功率を誇っています。

しかも、私のコンサルタントフィーは、市場の半分以下。
3ヶ月間に6回訪問をして、36万円という金額なのです。

ちなみに、同程度の金額でやっているコンサルタントがいるかもしれません。
でも、ほとんどが実績がないために失敗すると言えるでしょう。
また、コンサルタントフィーが同じ36万円でもよく見てみると、取得経験者のみに限ってという注意書きが書かれているケースもよく見かけます。
私の場合は、Pマークについては話くらい聞いたことがあるけど、取得の手順は全く分からない。書類の書き方も分からない。そのような方でも、金額は一緒です。完全に素人の方であっても、取得率は100%です。

確かに、実績がなくても安けりゃいい。ということもありますが、実績がないとコンサルティングの手法が確立されていないため、時間と労力を膨大にかけてしまう。また、途中であきらめることにもなりかねないのです。

これらの情報を上手く考慮していただき、複数者に聞いていただくのがベストでしょう。
もちろん、相談料は無料です。

プライバシーマーク取得コンサル7つのメリット

ここまでのご説明でちょっとでも興味を持っていただけましたら、まずは電話かメールで相談してみてください。相談料は無料です。

でも、私の本業が税理士ですから、本業の兼ね合いもあるため、毎月5社までとさせていただいております。

今月は、あと5社まで対応可能です。(2010.10.19現在)


プライバシーマークの更新

■プライバシーマークの更新について
旧JISでプライバシーマークを取得された方は、平成20年11月19日までに新JIS2006年度版に移行する必要があります。
取得したプライバシーマークは永続的に使用可能ではなく、2年ごとに更新審査を受ける必要があります。
当社ではプライバシーマークの更新手続きも引き受けています。
簡単パックでは初回取得料金が36万円ですが、更新手続きの場合は30万円の特別価格でお引き受けいたします。
更新作業についても下記「お問い合わせ」からお申し込みくださいませ。


お問合せ

Pマーク取得の流れ

 

お問合せ

 


(6ヶ月/66万円/申請から認証取得までに御社が負担する時間とエネルギーを最小にしたい企業様に最適です)

(6ヶ月/120万円/本業以外はすべて外注に出して事業に専念されたい企業様、業績を上げることに真剣な上場準備中の企業様に最適です)

(年間30万円/認証取得後、一度作った仕組みや意識づけを社内に定着させるのに、社外の目と力を利用したい企業様に最適です)

 

 

 


東京都墨田区の税理士事務所